So-net無料ブログ作成
お願いします 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

<話題>信用買い残が底打ち・反転の兆し、仮需エネルギー回復に期待 [ニュース情報]


2010/12/22 14:16

 信用買い残(3市場の制度・一般信用合計、日付は申し込み日)が底打ち・反転の兆しを見せている。東証が21日引け後に発表した17日現在の信用買い残は金額ベースで前週比220億円増の1兆3261億円。

3週ぶりに増加した。
 11月19日に1兆2733億円と09年6月12日以来1年半ぶりに1兆3000億円を割り込んだが、その後はすかさず同レベルに復帰している。

11月26日が1兆3094億円(前週比360億円増)、12月3日が1兆3072億円(同22億円減)、同月10日が1兆3040億円(同31億円減)と直近4週に限れば、増加ペースが減少ペースを大きく上回り、回復色が出始めている


堅調地合いが買い残復調気配の背景要因になるが、同時に買い方の含み損益率を示す信用評価損益率が改善しつつある点は注目すべきである。

12月10日のそれはマイナス10.89%(同月3日はマイナス10.89%)。

10月15日のマイナス19.31%を直近ボトムに上向き傾向を示し、5月14日以来のマイナス1ケタを視野に入れている。含み損軽減の流れは、銘柄乗り換えを促すことにもなる。

新たな信用買いを誘い込み、買い方の玉回転が利き出してくれば、仮需エネルギーも増加基調を強めてくるだろう。

 ちなみに、今年に入り、信用評価損益率が初めてマイナス1ケタに突入したのは3月12日(マイナス8.72%)。その後、4月30日のマイナス5.05%まで改善した。

日経平均株価が年初来高値1万1339円を形成した4月5日を挟んだ時期であり、指数の堅調推移が含み損の縮小につながったのは言うまでもない。年末・年始高期待が膨らむにつれ、評価損益率1ケタ突入は時間の問題といえそうだ。(木村重文)

【提供:モーニングスター社 】


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。