So-net無料ブログ作成
お願いします 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

年始の主役も新興市場? TOP20銘柄や直近上場大型株などに妙味 [アナリストレポート]


2010-12-27

 新興市場が師走相場の主役を演じている。

日経ジャスダック平均は21日まで約5年ぶりとなる16連騰を記録するなど、12月に入って負けなし。
マザーズ指数も同日まで8連騰した。

「年末年始は小型株」というのは株式市場で毎年のように聞かれる文言。

今年はそのセオリー通りに素晴らしいパフォーマンスとなっている。

 日経平均株価の11月末からその後の高値までの上昇率は3.48%(20日終値現在)。

ボラティリティ(変動率)の小さい日経ジャスダック平均はTOPIX(東証株価指数)と同程度の4.88%にとどまるが、マザーズ指数は12.56%と特出した上昇率となっている。

出発点は出遅れ感。

日経平均が戻り高値を払って反騰基調を強める中で、新興市場の動きの悪さが目立っていた。新興市場が出遅れ是正の動きを始めたタイミングで東証1部市場が停滞し始め、値動きの良さを求めて短期資金の流入が継続している。値動きの良さを評価する電子書籍関連銘柄、クラウドコンピューティング関連銘柄などへのテーマ株物色から主力ネット株の底上げへ物色が連動。マザーズ指数、日経ジャスダック平均は日経平均に約1カ月遅れて200日移動平均線を突破した。

相場の出発点であった出遅れ感をほぼ解消し、目先的には過熱感も台頭。JASDAQ―TOP20銘柄は、これまで材料視されてきた投資信託の設定も22日に通過した。

今年の相場をあと数営業日残し、新興市場には息切れの懸念が台頭し始めている。

 ただ、セオリーはあくまで“年末年始”。

この時期に小型株に資金が集まるのは、中間決算が11月いっぱいで一巡して物色の手掛かりが減ることが背景にある。時価総額の大きな銘柄を手掛けづらいムードが充満して、小型株での短期的な値幅取りが活発化している。

そういう意味では年始も現在と大きく市場環境は変わらないはずであり、何より新興市場は割安感や出遅れ感よりも目先の勢いが資金を呼び込む原動力となるマーケット。

指数の連騰記録もあって投資家の注目度が増してきた、このタイミングは新興市場が過熱感などを無視して跳ねる好機でもある。

 ここ1カ月程度で時価総額を大幅に増加させたTOP20銘柄ではエムティーアイ<9438・JQ>や高値を払って需給妙味も膨らんでいるビットアイル<3811・JQ>、物色の核となっているユビキタス<3858・JQ>などに一段高期待。また、マザーズ市場ではあえて非ネット株で、シーズンストックでもあるスカイマーク<9204>、高値更新目前のそーせいグループ<4565>などが有力。出遅れという意味では12月IPO(新規上場)の東証1部直接上場銘柄コンビ、大塚ホールディングス<4578、医薬品>とポーラ・オルビスホールディングス<=ポーラオルH、4927、化学>も安値圏で推移中だ。

【提供:モーニングスター】
nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 10

コメント 1

上場廃止

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 上場廃止 (2012-03-10 17:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。