So-net無料ブログ作成
検索選択
お願いします 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
FXを極める ブログトップ
前の10件 | -

FXを極める=4人の財務相よ見よ、本当の2011年相場が始まる [FXを極める]

2011/01/14 19:40

 利上げできる国、踏み込めない国。
 本当の意味での2011年相場が、いよいよ始まる。

 ユーロ「暴落」をめぐる不安に「いったん」の解決が見いだされ、投資家のリスク許容度が高まるもと、高金利の通貨に資金が流入するだろう。

 中国は、今にも利上げに踏み切りそうだ。日本時間14日午後7時前に預金準備率の引き上げを発表。中国の順調な経済回復、そして米国からの視線。インフレ圧力の高まりに変わりがない以上、どのタイミングで利上げが発表されても不思議ではない。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=12月7日の裏切り [FXを極める]


2010/12/10 18:46

 12月7日の米国時間の米債暴落に、米国投資家の計略をみた。
 この日、FOMC(米連邦公開市場委員会)前のブラックアウト期間に入った――

 現地6日、オバマ米大統領がブッシュ減税の2年延長で議会共和党と合意。

 このニュース自体は日本時間7日の朝方に伝わっていた。しかし、7日の東京時間には目立った反応はなかった。

 急変は、日本時間7日午後10時。NY時間では7日午前8時である。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=2008年がまた来る [FXを極める]


2010/12/03 19:04

 08年7月のことを思い出す。
 ECB(欧州中銀)が「間違った利上げ」(欧州系証券)に踏み切った、あの08年7月。

 同年6月の理事会後の会見。トリシェ総裁は利上げを示唆した。ときあたかもサブプライムローン問題による市場の混乱期。ECBは政策金利の据え置きを続け、市場では利下げ観測が強まっていた。

 飛び出したトリシェ総裁の発言は、国際商品市況の上昇を警戒してのことだった。

 市場関係者は一様に驚きの声を上げた。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=背信―「2段階介入」ぜよ― [FXを極める]


2010/11/19 19:37

 16日、韓国中銀が利上げを再開――

 韓国中銀は政策金利を0.25%引き上げて2.50%とした。利上げは7月以来、4カ月ぶり。韓国では10月のCPI(消費者物価指数)が前年同月比プラス4.1%と市場予想の同プラス3.4%を上回るとともに、中銀が12年までのターゲットとする2-4%のレンジの上限を早くも上回っていた。

 外国為替市場では、ウォン高・円安が進行。ウォン・円と連動性が高い日経平均株価には願ってもない「朗報」だった。なにせ、韓国中銀は同国への資本流入を恐れて利上げを見合わせてきたのだから。


続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=日銀がまた嘘をついている [FXを極める]


2010/10/29 19:25

 日銀が、また嘘をついている。

 28日。日銀、10月2回目の金融政策決定会合。

 5日に3本柱からなる「包括緩和政策」を打ち出した日銀。市場の目は、包括緩和の柱の1つ、資産買い入れ基金の詳細と半期に一度公表される展望レポートに向かっていた。

 そんな市場の、寝耳に水。

 11月に開かれる次回金融政策決定会合について、当初予定の15-16日から4-5日への前倒しが発表された――


続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=米国、敗れたりっ! [FXを極める]



2010/10/22 19:48

 15日以降、米国の見苦しいまでの「アリバイ工作」が続いている。

 15日に講演を行ったバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長は、12日公表のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録(9月21日開催分)で盛り上がった金融政策の次の運営枠組みについてはひと言も触れず、米国債の買い取り規模にも言及しなかった。

それどころか、これから採用しようとする非伝統的な措置のコストへの懸念ばかりが示された。

 新興国が、米国の超緩和路線を批判しているのを封じるためである。

 18日には、ガイトナー米財務長官がドル安戦略を否定。21日にも同じ趣旨の発言が報じられ、にわかにドルが上昇した。

 それは、中国当局による人民元の低め誘導を批判するためである。

 そして今週、日を追うごとに「米追加緩和観測」という名のモンスターはぷすりぷすりと音を立てながら小さくなっていった。


続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=「米追加緩和観測」という名のモンスター、円の最高値を食らう [FXを極める]


2010/10/15 19:24

 足元のドル売りトレンド「米追加緩和観測」のためだと多くのメディアが口をそろえて言う。
そしてこのドル売りは行きすぎだと。

 しかし、筆者はそうは思わない。

 「米追加緩和観測」は確実に姿を変えている。しかも、この観測は拡大こそすれ、大きく縮小することはない。

 それが、今日のドル安「奔流」の真実である。

続きを読む


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=世界は、米国のためにある [FXを極める]


2010/10/08 19:25

 世界は、米国のためにある。それが現在の世界のレジームである。
 これはいつから決まったか、考えてはならない。
 その先に、本当の「建艦競争」をみてしまうから。

 7日、ロンドン市場での狂乱。

 豪ドル・ドルは1983年1月以来、実に27年9カ月ぶりの高値圏に突入した。7日東京時間に発表された9月の豪雇用統計の好結果を受けてRBA(豪州中銀)の早期利上げ観測が高まったことも大きいが、FRB(米連邦準備制度理事会)の追加緩和観測の高まりによるドル売りの影響がとても、とても大きい。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=奇兵隊内閣、「関ヶ原介入」の行方 [FXを極める]

モンスターハンターポータブル3rd

モンスターハンターポータブル3rd

価格:5,220円(税込、送料別)


2010/09/17 19:27

「善光寺に行って、ハトの群れの上に磁石吊り下げたらどうなると思う?」

 中学生の頃、郷里・長野で筆者が学習塾の講師に聞いた話である。

「ハトは飛んでっちゃうよー」

 ハト(鳥類一般)には方角を把握して飛ぶために体内磁石がある。磁石を頭上に掲げられると磁石が狂うから、それを嫌って磁石のそばを離れるという。

 日本政府が下した円売り介入という決断はまことに重く、いまドル・円をトレードしようとすると頭上の磁石に手もとが狂ってしまう。

「かつての相場観は役に立たない」(欧州系銀行

続きを読む


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXを極める=同盟国。 [FXを極める]


2010/09/10 19:32

 円高進行に打つ手なく、立ち尽くす日本。
 しかし、円高の緩和役がいる。
 ユーロ圏の盟主・ドイツである。

 今週は、まさに「ユーロの週」だった。

 7日に米紙が欧州の金融機関へのストレステスト(健全性審査)に関して「一部の金融機関が保有しているリスクのあるソブリン債の評価が不十分だった」と報じると、投資家のリスク回避行動が強まった。しかし、このショックは、ポルトガルやアイルランドの国債入札を順調に通過するにしたがって和らいでいった。

 このマーケットの動きを、どうみるか。
 欧州不安の再燃、なのか。


続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | - FXを極める ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。