So-net無料ブログ作成
お願いします 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トヨタ、2代目プリウス190万円に HV主導権譲らぬ構え [ニュース情報]

無料で故障車や事故車でもお金になる!


廃車・事故車の全国一律見積り・査定。自動車の引取りから廃車後の手続きまですべておまかせください!全国対応します。


乗り換えを検討中の方へ、無料査定でワンランク上のクルマ選びをしませんか?
欲しかった『ナビ』や『ホイール』も買えるかも!?
今すぐココをクリック!


トヨタが本格的にインサイトに対抗です。

世界市場に

今一番売りにできる日本のHV車の技術

これによって経済の活性化や輸出関連の自動車企業の来年の復活の活性剤になってほしいです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
<記事抜粋です。>

トヨタ自動車が、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の価格体系を大幅に引き下げることが17日、分かった。5月に発売する3代目の新型プリウスの最低価格を、当初の計画から50万円以上引き下げ、205万円前後に設定するのに続き、新型と併売する現行の2代目の最低価格を約190万円と、現行よりも43万円程度安くする。HVは事実上トヨタがほぼ独占してきたが、2月にホンダが投入した最低価格189万円の「インサイト」が低価格を武器に好調な出足をみせていることに対抗するのが狙い。

 トヨタは昨年9月、原材料価格の高騰を理由にプリウスを値上げしていたが、インサイトの登場でHVも低価格路線への変更を余儀なくされた形だ。環境対応車の主力とされるHVも低価格化が加速することになる。

 排気量が1.5リットルの現行の2代目プリウスは、モデル末期ながらも人気が高く、3代目ともサイズや排気量が異なるため、異例となる併売を決めている。

 価格面を重視する商用分野などを意識するとしていたが、排気量が1.3リットルのインサイトと同等の価格に設定することで、明確に対抗車種と位置づける考えだ。

 トヨタはプリウス以外でも、クラウンやエスティマ、レクサスブランドなどでHV仕様を設定するなど高級車のHV化を急いできたが、インサイトの好調がトヨタの戦略変更を迫った。小型HVでもう一段のてこ入れをし、HVの普及を一気に加速させる考え。

 さらに、トヨタには2011年に排気量1.3リットル程度のエンジンを搭載したプリウスよりも小型の新型HVを投入する計画もある。これによってトヨタは100万円台から1000万円超の高級車までHV車種を取りそろえる。

 HVはトヨタ以外の各社でも製品化を急いでいる。ホンダは来年、インサイトに加え、スポーツタイプを追加するほか、日産自動車は高級セダンを投入する。

 トヨタにとっては競合車種が増えるが、製品群を拡充することでHV分野での主導的な地位を守る考えだ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。