So-net無料ブログ作成
お願いします 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

吉野家vsすき家vs松屋「牛丼戦争」勃発 [コラム集]

◆ 牛丼特集 ◆
【ポイント10倍】5パック入り♪【すき家の牛丼の具】送料別★グルメ大賞2008和風料理・惣菜部門...
1,500 円
秘伝のタレ味が自慢の吉野家の牛丼。いつでもすぐに、お店の味をお楽しみいただけます。吉野家...
360 円


940円で2248kcal

プレジデント 2010年1.4号

苦戦が続く外食産業だが、牛丼市場も例外ではない。牛丼チェーンの売上高は吉野家が前年比0.6%減、松屋が0.5%減だった。


苦戦が続く外食産業だが、牛丼市場も例外ではない。牛丼チェーンの売上高は吉野家が前年比0.6%減、松屋が0.5%減だった。一方、すき家は前年比7.6%増と客単価が落ち込む中で善戦している。

すき家の取り組みは主に3つだ。

第1に「かつおぶしオクラ牛丼」「お好み牛玉丼」など品揃えを豊富にし、価格帯もコンビニ弁当を意識している。牛丼も、並と大盛りだけでなく、ミニ、プチ、特盛り、メガと増やした。

第2にコストパフォーマンスだ。2009年8月、ごはんが大盛りの2倍、肉が並の6倍という「牛丼キング」(990円、2248kcal)を発売。同チェーンを運営するゼンショーの藤田直樹広報室長は「実はメニューには表示していない“隠れメニュー”です。1食で成人男子に必要な1日分のカロリーを摂取することができます」と笑う。すき屋の客層の中心は30~40代の男性。メガは、若い20代前後の学生を中心に取り込む。

牛丼各社の並盛り1円あたりのカロリーを算出すると、吉野家が1.8kcal/円(380円、666kcal)。松屋が2.4kcal/円(320円、766kcal、味噌汁含む)。すき家は2.3kcal/円(280円、634kcal)となっており、牛丼キングの2.4kcal/円はコストパフォーマンスも高い。死ぬほど腹が減ったら牛丼キングに挑戦したい。

第3は「牛丼祭り」などのキャンペーンだ。ファミリー層ではなく、コア層であるビジネスマンをターゲットにし、「(タイミングは)店舗で人手が不足しないように、学生アルバイトが帰省していない時期」(藤田氏)を狙う。

【提供:プレジデントロイター】
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。